過去)7月展 イギリス刺繍の日傘 坂元聡子

fbomh gallery 7月の展示:

*こちらの展示は終了しております。
 たくさんのご来場ありがとうございました!

Img_0002 

「イギリス刺繍の日傘 坂元聡子」

   2016年7月1日(金)~7月10日(日)
     
open10:00~18:00
               期間中7/7(木)は定休日

  フボー奥ギャラリースペースにて


 坂元聡子さんの
 インスタグラムID satokoembroidery

(ワークショップのご案内)
期間初日の7月1日に坂元聡子さんによる
ワークショプがあります。

「リネンタオルにする
   はじめてのブラックワーク」

  2016年7月1日(金) 11:00~

  場所)フボー奥ギャラリースペースにて

P6170146

「初心者の方向けのブラックワークの講座です。
 ブラックワークの模様を刺繍するには、見本の
 作品のリネンの生地の目が数えられれば大丈夫。

 イニシャルを囲んで小さなブラックワークの
 パターンを刺繍します。」

ワークショップの料金は
3000円(税別 リネンタオル、糸、針の材料込み)

持ち物は、糸切りはさみ、あれば針山

受講申し込みの際に希望のイニシャルを申込用紙に
記入していただきます

お問い合わせ・申し込みはフボーまで


イギリス刺繍作家の坂元聡子さんの個展を
fbomh galleryで初開催します。


上の写真は坂元聡子さんの「ブラックワーク」の作品
坂元さんの個性とイギリスの伝統が絶妙なバランスで
構成されています。
緻密な作業です、、、

Img_1285_602490_2

Img_1290_602486_2

Img_1291_602484_2

Img_1300_602474_4


「イギリス刺繍ってどんなのかな・・・」
という方もいらっしゃるかと思い、
坂元聡子さんよりイギリス刺繍についての
お話をいただきました。

イギリス刺繍のおはなし

  イギリス刺繍というのはどういうものなので
 しょうかというお話を書いてみたいと思います。
 

 イギリスといえば、イギリス王室があります。
 2011年にウイリアム王子とキャサリン妃が
 ロイヤルウエディングを挙げました。
 あの時、キャサリン妃が着ていたロングスリーブの
 チュールに白い繊細なアップリケが手刺繍されて
 いました。

 あの手刺繍は、
 Royal School of Needlework(英国王立刺繍学校)
 のスタッフの手によるものです。
 私はその学校で手刺繍を学びました。

 

 イギリスならイギリス刺繍、日本なら日本刺繍と、
 世界各地には様々な刺繍があります。
 イギリス刺繍の中にある様々な技法や素材は、
 元々は中国の絹糸刺繍であったり、フランスの白糸
 刺繍であったりと、お互いに影響しあいながら、
 イギリスの伝統の中で育まれた刺繍だと
 実感しています。

 

 とりわけその中でも、ブラックワーク(黒糸刺繍)
 という、黒糸で幾何学模様を、糸の太さ、本数をかえ、
 濃淡をつけ表情をつけていくめずらしい刺繍が
 あります。
 いままでの展示会でも、初めて見たといわれることが
 ほとんどです。

 

 今回の展示会では、そのブラックワークで日傘を
 つくりました。

 ブラックワークの文様は伝統的なものですが、
 デザインはオリジナルなものとなっています。
 ぜひ、見にいらしてください。

  坂元 聡子  』

fbomh gallery

 

過去)6月展 MUDDYとwood work olior.がつくるもの2016

*こちらの展示は終了しております
 たくさんのご来場ありがとうございました!

6月のfbomh gallery展示

Img_0001_2

Img_0002_2

MUDDYとwood work olior.がつくるもの
                 

  2016年6月18日(土)~27日(月)
        
10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて

  ー作家在廊日のお知らせー
    6月25日・ 27日  


去年開催し好評だった、
MUDDY(マデイ)さんと
wood work olior.(ウッドワークオリオー)さんの
合同展を今年もフボーで開催いたします!


 

=期間中開催のワークショップのご案内=

Photo_3

 「陶器のタイルに絵付けをしよう」

 第1回    6月25日(土) 14:30スタート

 第2回  6月27日(月)13:00スタート
 第3回  同 日   15:00スタート

 各回定員 6名 
 参加費  2800(税抜)
    (おひとりさまタイル5個)

※予約優先ですが、飛び入り参加もOKです。

 

「四角い陶器のタイル(4.5cm角)に好きな絵を描いて、
 オリジナルのタイルを一緒につくりませんか。

 箸置き、お香立て、マグネット、ブローチ、などなど
 アレンジして使うのもオススメです。

 絵付けしたタイルは、一旦持ち帰って手作りの薪窯で
 焼成します。

 ご予約お待ちしております。」

お問い合わせ・ご予約はフボーまで。


MUDDY 服部克哉・村山朋子(陶磁器)

 MUDDYは京都府舞鶴市の自然豊かな土地にある陶磁器
 製造工房です。
 オリジナルの土と釉薬を使用して、西洋式薪窯で
 しっかり焼締まった器を手作りしています。
 「手間ひま惜しまず」「じっくりと」「丁寧に」
 そんな暮らしを大切にものづくりをしています。     

 (http://muddyblues.com/

wood work olior. 婦木佑太(木工)
 wood work olior.は兵庫県神戸市に拠点をおき、
 オーダー家具の制作をしています。
 木の質感を活かし、ひとつあるだけで空間や気持ちが
 豊かになるようなものづくりを大切にしています。
  (http://olior-life.com/

 二組のクリエイターによる合同展です。乞うご期待!!

過去)5月展2016 ahat 春夏帽子展2016

Ahatdm2016_0002_2

*『ahat  spring summer collection 2016』は
   終了しております。
 今年もたくさんのご来場ありがとうございました!
 次は秋に秋冬帽子展です!お楽しみに

fbomh gallery 5月の展示:

   ahat
 
  spring summer collection 2016

 2016年5月13日(金)~5月17日(火)
       10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて


陽射しの強くなるこれからの季節に
ahatさんの帽子はいかがでしょうか?
 
展示会場ではahatさんの帽子かぶり放題!
是非いっぱい被ってお似合いの帽子に出会って下さい

ahatさんのブログ→  
 http://ahathat.exblog.jp/

また何か情報があればお伝えします
5月のfbomhgalleryもお楽しみに・・・