BUCKETS

P7050001

fbomh design lesson 7月の課題:

 「BUCKETS」




フボーギャラリー7月展「イギリス刺繍の日傘展」も
盛況のうちに無事終わりました

ご来場してくださったみなさま、ありがとうございます!


そして、フボーのデザインレッスンの7月の課題は
小さなブリキのバケツ×3と木の皮のポット×1の
組み合わせによるPot on potな感じのアレンジを
制作しています

P7090019

P7090025

P7090011

これらのポット(バケツ)たちが合わさって…

P7050006こう

写真はレッスン生の方の作品なのですが
わたしの撮り方が下手で、よくわからない写真に
なってしまいました

みなさんきれいに制作してくださいます

ポットの上にまたポット(バケツ)のせるの??
と思われるかもしれませんが
これが結構悪くないのです

私がお花の仕事の駆け出しのころよく作った
デザインです。

ポットの中には何入れましょうか、、、
木の実かな、木の枝かな、多肉植物、
チランジア
拾ってきた貝殻や、ガラス玉
キャンドルに、お手紙かな
何でも入れてください。

fbomh design lesson


最近の作品

P7030017

P7030020

P7110038

 

作品じゃないけど
乾きつつあるブルーベリーと月桃の実↓

P7090035



ガラスの小鉢に入って抜け出せなくなった虫
ツルツル滑る…↓

P7090029

P7090032 

こんなものを眺めては写真に撮って
時間は過ぎてゆきます

みなさんも
こんなフボーに遊びに来てください。

(虫はのちに解放)

fbomh shop

イギリス刺繍の日傘展

P6290079_3

*こちらの展示は終了しております。
 たくさんのご来場ありがとうございました!

fbomh gallery 7月の展示:

「イギリス刺繍の日傘 坂元聡子」

 2016年7月1日(金)~7月10日(日)
      
open10:00~18:00
                 期間中7/7(木)は定休日 

  フボー奥ギャラリースペースにて

Img_0002_3

坂元聡子さん
インスタグラムID satokoembroidery


フボーギャラリー7月の展示は
イギリス刺繍作家・坂元聡子さんの日傘展です

きょう午後その展示・ディスプレイ作業に
坂元さんがフボーに来てくださいました

P6290045_2

P6290047_2

P6290049_2 

*そしてその展示会初日7月1日(金)に開催の
 ワークショップのご案内です

「リネンタオルにする
   はじめてのブラックワーク」

  2016年7月1日(金) 11:00~

  場所)フボー奥ギャラリースペースにて

P6170146_2

「初心者の方向けのブラックワークの講座です。
 ブラックワークの模様を刺繍するには、見本の
 作品のリネンの生地の目が数えられれば大丈夫。

 イニシャルを囲んで小さなブラックワークの
 パターンを刺繍します。」

ワークショップの料金は
3000円(税別 リネンタオル、糸、針の材料込み)

持ち物は、糸切りはさみ、あれば針山

  お問い合わせ・申し込みはフボーまで




以下、もう少し作品の写真をお届けします・・

P6290075

P6290050

P6290062

P6290070

イギリス刺繍ということで、ウサギや蛙などの
イギリスっぽいモチーフもありますが

全体的にはシブイ!

そして見る人(とくに刺繍をする人)は
坂元さんの手仕事の細やかさに気づき
それを制作するのに費やされる時間を
想像することができます

なんだか晴れの日に紫外線に当てるのが
もったいないくらい!? の日傘たちですが
坂元さんにお聞きしたところ
大切に使うと15年使ってもまだまだきれいだそうです。

それに素材の麻は目が細かく
紫外線を9割ほど防ぐのだとか

麻についてはHALLELUJAHさんの展示会の時にも、
教えていただいたのですが、
麻ってエライナー

梅雨も続き
ちょっと足元が悪い日もあるかもしれませんが
是非、いちど会場で坂元さんのイギリス刺繍に
触れてみてください。

みなさまのご来場心よりお待ちしております。

fbomh gallery


最近のフボー

P6110025

P6110035

P6110051

P6110061

P6110065

P6250034

燕が今年も巣立ちました↓

P6240009

fbomh shop

MUDDYとwood work olior.がつくるもの

P6170081

*こちらの展示は終了しております
 たくさんのご来場ありがとうございました!

 fbomh gallery 6月の展示:

「MUDDYとwood work olior.がつくるもの」                  

  2016年6月18日(土)~27日(月)
        
10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて

  ー作家在廊日のお知らせー
    6月25日・ 27日  

Img_0001

 MUDDY 服部克哉・村山朋子(陶磁器)

 MUDDYは京都府舞鶴市の自然豊かな土地にある陶磁器
 製造工房です。
 オリジナルの土と釉薬を使用して、西洋式薪窯で
 しっかり焼締まった器を手作りしています。
 「手間ひま惜しまず」「じっくりと」「丁寧に」
 そんな暮らしを大切にものづくりをしています。
 (http://muddyblues.com/

 wood work olior. 婦木佑太(木工)

 兵庫県神戸市でオーダー家具の制作をしています。
 ありふれたものに飽きた今、
 自分が欲しいと思えるものを展示。
 (http://olior-life.com/


6月18日(土)から開催の
「MUDDYとwood work olior.がつくるもの」展の
搬入にMUDDY服部さん&村山さん
wood work olior.婦木さんがフボーに来てくださいました

まずはwood work olior.さん

P6170109

P6170082

P6170106

P6170107 オブジェ

P6170086

P6170092

P6170093

P6170084 
普段は椅子やテーブルのような大きな家具を
作られる婦木さん

今回
小さいけれど
婦木さんの美意識が凝縮された作品を
フボーの展示に寄せて作ってくださいました

どれもこだわりの造形です


それと、構想・制作期間2年!の椅子↓

P6170113 これです
座面がレザーです
座らせていただきました

なんだかいままで座ったことのない感覚でした
かっこいい。。。

こんな椅子をオーダーできる大人になりたいです


そして
MUDDYさん

P6170099

P6170140

P6170134

P6170121

P6170135

P6170143

P6170127

P6170142 

MUDDYさんの器は静かですが
温度があります

服部さんと村山さんのひととなりを知れば
納得できます
ほんと、お二人そのものの様な気がします



そしてそんなMUDDYさんのワークショップの
告知を↓


「陶器のタイルに絵付けをしよう」

P6170137

 第1回  6月25日(土) 14:30スタート

 第2回  6月27日(月)13:00スタート
 第3回  同 日   15:00スタート

 各回定員 6名   参加費  2800(税抜)
    (おひとりさまタイル5個)

※予約優先ですが、飛び入り参加もOKです。

 

 四角い陶器のタイル(4.5cm角)に好きな絵を描いて、
 オリジナルのタイルを一緒につくりませんか。

 箸置き、お香立て、マグネット、ブローチ、などなど
 アレンジして使うのもオススメです。

 絵付けしたタイルは、一旦持ち帰って手作りの薪窯で
 焼成します。

 *お申し込みはフボーまで


そしてもう一つワークショプのご案内

fbomh gallery 7月の展示:

Img_0002
「イギリス刺繍の日傘 坂元聡子」

 2016年7月1日(金)~7月10日(日)
      
open10:00~18:00  
               期間中7/7(木)は定休日 

  フボー奥ギャラリースペースにて


イギリス刺繍作家・坂元聡子さんの作品展が
7月にfbmh galleryで開催されるのですが

その期間初日の7月1日に坂元聡子さんによる
ワークショプがあります。


「リネンタオルにする
   はじめてのブラックワーク」

  2016年7月1日(金) 11:00~

  場所)フボー奥ギャラリースペースにて

P6170146

「初心者の方向けのブラックワークの講座です。
 ブラックワークの模様を刺繍するには、見本の
 作品のリネンの生地の目が数えられれば大丈夫。

 イニシャルを囲んで小さなブラックワークの
 パターンを刺繍します。」

ワークショップの料金は
3000円(税別 リネンタオル、糸、針の材料込み)

持ち物は、糸切りはさみ、あれば針山


受講申し込みの際に希望のイニシャルを申込用紙に
記入していただきます

お問い合わせ・申し込みはフボーまで

fbomh gallery

6月、7月のfbomh gallery

Img_0001

Img_0002

fbomh gallery 6月の展示:

「MUDDYとwood work olior.がつくるもの」                                                        

  2016年6月18日(土)~27日(月)
        
10:00-18:00
      (期間中 6/23木曜は定休日)

  フボー奥ギャラリースペースにて


 ー作家在廊日のお知らせー
    6月25日・27日  

MUDDY 服部克哉・村山朋子(陶磁器)

 MUDDYは京都府舞鶴市の自然豊かな土地にある陶磁器
 製造工房です。
 オリジナルの土と釉薬を使用して、西洋式薪窯で
 しっかり焼締まった器を手作りしています。
 「手間ひま惜しまず」「じっくりと」「丁寧に」
 そんな暮らしを大切にものづくりをしています。
   (http://muddyblues.com/

wood work olior. 婦木佑太(木工)
 wood work olior.は兵庫県神戸市に拠点をおき、
 オーダー家具の制作をしています。
 木の質感を活かし、ひとつあるだけで空間や気持ちが
 豊かになるようなものづくりを大切にしています。
  (http://olior-life.com/


きょうフボーに
「MUDDYとwood work olior.がつくるもの」の
案内状が到着しました

同じ日にMUDDYさんより今回の展示に向けた
予告の作品数点も届きました

P6060093

P6060098

P6060105 MUDDYさんの器を見ていると
やさしい気持ちになれます




そして
案内状の写真から伝わってくるものは・・・

去年の展示会のものとは明らかに違います



MUDDY服部さん・村上さんとolior.婦木さんは
お会いしてお話しすると全くキャラクターが違います
ちなみにMUDDYさんolior.さん共通のお知り合い
HALLELUJAHさんも違います

でも去年の展示会の時、皆さんが集合してお話ししている
様子はとっても仲良さそうでした

共通するところはみなさんクリエイターであるところかな
共感する部分が大きいのかもです

今回はMUDDYさんとwood work olior.さんの合同展
さてさて、
いかなる相乗効果が起こるのやら今から楽しみです



ところで
案内状の写真、wood work olior.さんの作品の部分は
天地逆なのか気になりませんか
トランプみたいに上下をひっくり返してみるのが
正しい見方なのかな・・・

う~ん気になります


ーMUDDYとwood work olior.がつくるもの
 期間中開催のワークショップのご案内ー

Photo_3

「陶器のタイルに絵付けをしよう」

 第1回  6月25日(土) 14:30スタート

 第2回 6月27日(月)13:00スタート
 第3回  同 日   15:00スタート

 各回定員 6名
 参加費  2800円(税抜)
    (おひとりさまタイル5個)

※予約優先ですが、飛び入り参加もOKです。

 

「四角い陶器のタイル(4.5cm角)に好きな絵を描いて、
 オリジナルのタイルを一緒につくりませんか。

 箸置き、お香立て、マグネット、ブローチ、などなど
 アレンジして使うのもオススメです。

 絵付けしたタイルは、一旦持ち帰って手作りの薪窯で
 焼成します。

 ご予約お待ちしております。」

Photo_2

*ご予約・お問い合わせはフボーまで


そしてそして
fbomh gallery 7月の展示

「イギリス刺繍の日傘 坂元聡子」

のイギリス刺繍作家・坂元さんより
日傘の写真数枚が送られて来ました

Img_1285_602490 ツバメだ

Img_1290_602486

Img_1291_602484

Img_1300_602474 ほー

Img_1302_602472_8

 

撮影地は坂元さんのお家のお庭でしょうか

初夏の陽射しに植物の緑と
日傘のに使われている生地の色
そして何よりもオリジナリティあふれる坂元さんの
刺繍たち・・・

いいですね

こちらの展示は7月です

乞うご期待!


fbomh gallery 7月の展示:

「イギリス刺繍の日傘 坂元聡子」

   2016年7月1日(金)~7月10日(日)
     
open10:00~18:00
               期間中7/7(木)は定休日 

  フボー奥ギャラリースペースにて

また何か情報があれば随時お伝えしていきます。

fbomh gallery

MUDDYさん ワークショップのご案内

Photo

fbomh gallery 6月の展示:
 MUDDYとwood work olior.がつくるもの
                
(仮)

の期間中に開講されるワークショップの詳細が
届きました!



「陶器のタイルに絵付けをしよう」

 

 第1回  6月25日(土) 14:30スタート

 第2回  6月27日(月)13:00スタート
 第3回  同 日   15:00スタート

 各回定員 6名 
 参加費  2800(税抜)
    (おひとりさまタイル5個)

※予約優先ですが、飛び入り参加もOKです。

 

「四角い陶器のタイル(4.5cm角)に好きな絵を描いて、
 オリジナルのタイルを一緒につくりませんか。

 箸置き、お香立て、マグネット、ブローチ、などなど
 アレンジして使うのもオススメです。

 絵付けしたタイルは、一旦持ち帰って手作りの薪窯で
 焼成します。

 ご予約お待ちしております。」

Photo_2


なんだか楽しそうです。。

というか、写真のタイルきれいです

ほんとにこんなのができるのでしょうか・・・

たぶん皆さまが思い思いに描いた模様が
マデイさんの手作り薪窯の炎の魔法にかって
びしーっつ!と写真の様なかっこいいタイルに
なって帰ってくるのでしょう(想像)

みなさまのご予約お待ちしております。
ご予約・お問い合わせはフボーまで

fbomh gallery


6月のfbomh gallery展示:

MUDDYとwood work olior.がつくるもの
                    
(仮題)                               

  2016年6月18日(土)~27日(月)
        
10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて

 ー作家在廊日のお知らせー
    6月25日 MUDDY/服部克哉
       27日   MUDDY/服部克哉・村山朋子

MUDDY 服部克哉・村山朋子(陶磁器)

 MUDDYは京都府舞鶴市の自然豊かな土地にある陶磁器
 製造工房です。
 オリジナルの土と釉薬を使用して、西洋式薪窯で
 しっかり焼締まった器を手作りしています。
 「手間ひま惜しまず」「じっくりと」「丁寧に」
 そんな暮らしを大切にものづくりをしています。     

 (http://muddyblues.com/

wood work olior. 婦木佑太(木工)
 wood work olior.は兵庫県神戸市に拠点をおき、
 オーダー家具の制作をしています。
 木の質感を活かし、ひとつあるだけで空間や気持ちが
 豊かになるようなものづくりを大切にしています。
  (http://olior-life.com/




 

初夏の帽子たち

P5130077

*『ahat  spring summer collection 2016』は
   終了しております。
 今年もたくさんのご来場ありがとうございました!
 次は秋に秋冬帽子展です!お楽しみに

fbomh gallery 5月の展示:

 ahat 
 
  spring summer collection 2016

 2016年5月13日(金)~5月17日(火)
       10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて只今開催中

Ahatdm2016_0002


現在fbomh galleryでは
宝塚にショップ&アトリエのある
ハンドメイド帽子作家「ahat」さんの
出張帽子店(展でなく)が行われております

P5130063

初日のきょうはahat/めぐみサンとあやサンのお二人が
会場にかけつけてくださいます!

ふたりともそろってフボーに来て下さるなんて
何年ぶりかな…

今朝会場で撮影してきた帽子たちを少しご紹介いたします

P5130071

P5130074

P5130082

P5130084

P5130086

P5130089

P5130093

P5130095

実際に被ってみて、その良さを分かっていただき
たいのですが
もし気になる作品があればお問い合わせください

とにかく仕事が丁寧です。

フボーおすすめの帽子たちです

会期が短いですが、
ほぼ毎日ahatさん来てくださいます

で、かぶり放題です
遠慮なくどうぞ!

サイズの事なども遠慮なくご相談ください。

fbomh gallery


最近制作のブライダルブーケです

P5110047

P5110054 我ながら綺麗にできましたですよ


さわやかな初夏の花嫁さん
綺麗だったでしょうね

末永くいつまでもご主人さまとお幸せに!!!

fbomh shop

Botaframe

P5100007

fbomh design lesson 5月の課題:

「Botaframe」


母の日が終わり、本日
5月のフボーデザインレッスンの初日でした

P5100017

P5100019

「植物の額」です

木製の額は既製品のものですが
その中に植物を配置して作品を完成させていきます

レッスンにあたり私が制作したものがこれです↓

P5100029 

P5100024

チランジア・多肉植物などを使いました



「箱の中」や「額の中」にお花(植物)をあしらう
デザインはよく見かけます

多分、他から区切られた空間だからこそ表現できる
スケール感や(構図の)バランス感があるのでしょう

たしかに、作ってて楽しいです
仕上がった作品を見てきれいだなと
思うことがよくあります

きょうのレッスン生の方の皆さんの作品もきれいでした

楽しそうでしたよ。。

fbomh design lesson


最近のフボー

P4250006 シャンデリア

P4190239

P4190241 

アガベ・ボーチンブルー↓

P4190243

fbomh shop


fbomh gallery 5月の展示:

Ahatdm2016_0002

  ahat 
  spring summer collection 2016

 2016年5月13日(金)~5月17日(火)
       10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて

過去)7月展 イギリス刺繍の日傘 坂元聡子

fbomh gallery 7月の展示:

*こちらの展示は終了しております。
 たくさんのご来場ありがとうございました!

Img_0002 

「イギリス刺繍の日傘 坂元聡子」

   2016年7月1日(金)~7月10日(日)
     
open10:00~18:00
               期間中7/7(木)は定休日

  フボー奥ギャラリースペースにて


 坂元聡子さんの
 インスタグラムID satokoembroidery

(ワークショップのご案内)
期間初日の7月1日に坂元聡子さんによる
ワークショプがあります。

「リネンタオルにする
   はじめてのブラックワーク」

  2016年7月1日(金) 11:00~

  場所)フボー奥ギャラリースペースにて

P6170146

「初心者の方向けのブラックワークの講座です。
 ブラックワークの模様を刺繍するには、見本の
 作品のリネンの生地の目が数えられれば大丈夫。

 イニシャルを囲んで小さなブラックワークの
 パターンを刺繍します。」

ワークショップの料金は
3000円(税別 リネンタオル、糸、針の材料込み)

持ち物は、糸切りはさみ、あれば針山

受講申し込みの際に希望のイニシャルを申込用紙に
記入していただきます

お問い合わせ・申し込みはフボーまで


イギリス刺繍作家の坂元聡子さんの個展を
fbomh galleryで初開催します。


上の写真は坂元聡子さんの「ブラックワーク」の作品
坂元さんの個性とイギリスの伝統が絶妙なバランスで
構成されています。
緻密な作業です、、、

Img_1285_602490_2

Img_1290_602486_2

Img_1291_602484_2

Img_1300_602474_4


「イギリス刺繍ってどんなのかな・・・」
という方もいらっしゃるかと思い、
坂元聡子さんよりイギリス刺繍についての
お話をいただきました。

イギリス刺繍のおはなし

  イギリス刺繍というのはどういうものなので
 しょうかというお話を書いてみたいと思います。
 

 イギリスといえば、イギリス王室があります。
 2011年にウイリアム王子とキャサリン妃が
 ロイヤルウエディングを挙げました。
 あの時、キャサリン妃が着ていたロングスリーブの
 チュールに白い繊細なアップリケが手刺繍されて
 いました。

 あの手刺繍は、
 Royal School of Needlework(英国王立刺繍学校)
 のスタッフの手によるものです。
 私はその学校で手刺繍を学びました。

 

 イギリスならイギリス刺繍、日本なら日本刺繍と、
 世界各地には様々な刺繍があります。
 イギリス刺繍の中にある様々な技法や素材は、
 元々は中国の絹糸刺繍であったり、フランスの白糸
 刺繍であったりと、お互いに影響しあいながら、
 イギリスの伝統の中で育まれた刺繍だと
 実感しています。

 

 とりわけその中でも、ブラックワーク(黒糸刺繍)
 という、黒糸で幾何学模様を、糸の太さ、本数をかえ、
 濃淡をつけ表情をつけていくめずらしい刺繍が
 あります。
 いままでの展示会でも、初めて見たといわれることが
 ほとんどです。

 

 今回の展示会では、そのブラックワークで日傘を
 つくりました。

 ブラックワークの文様は伝統的なものですが、
 デザインはオリジナルなものとなっています。
 ぜひ、見にいらしてください。

  坂元 聡子  』

fbomh gallery

 

過去)6月展 MUDDYとwood work olior.がつくるもの2016

*こちらの展示は終了しております
 たくさんのご来場ありがとうございました!

6月のfbomh gallery展示

Img_0001_2

Img_0002_2

MUDDYとwood work olior.がつくるもの
                 

  2016年6月18日(土)~27日(月)
        
10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて

  ー作家在廊日のお知らせー
    6月25日・ 27日  


去年開催し好評だった、
MUDDY(マデイ)さんと
wood work olior.(ウッドワークオリオー)さんの
合同展を今年もフボーで開催いたします!


 

=期間中開催のワークショップのご案内=

Photo_3

 「陶器のタイルに絵付けをしよう」

 第1回    6月25日(土) 14:30スタート

 第2回  6月27日(月)13:00スタート
 第3回  同 日   15:00スタート

 各回定員 6名 
 参加費  2800(税抜)
    (おひとりさまタイル5個)

※予約優先ですが、飛び入り参加もOKです。

 

「四角い陶器のタイル(4.5cm角)に好きな絵を描いて、
 オリジナルのタイルを一緒につくりませんか。

 箸置き、お香立て、マグネット、ブローチ、などなど
 アレンジして使うのもオススメです。

 絵付けしたタイルは、一旦持ち帰って手作りの薪窯で
 焼成します。

 ご予約お待ちしております。」

お問い合わせ・ご予約はフボーまで。


MUDDY 服部克哉・村山朋子(陶磁器)

 MUDDYは京都府舞鶴市の自然豊かな土地にある陶磁器
 製造工房です。
 オリジナルの土と釉薬を使用して、西洋式薪窯で
 しっかり焼締まった器を手作りしています。
 「手間ひま惜しまず」「じっくりと」「丁寧に」
 そんな暮らしを大切にものづくりをしています。     

 (http://muddyblues.com/

wood work olior. 婦木佑太(木工)
 wood work olior.は兵庫県神戸市に拠点をおき、
 オーダー家具の制作をしています。
 木の質感を活かし、ひとつあるだけで空間や気持ちが
 豊かになるようなものづくりを大切にしています。
  (http://olior-life.com/

 二組のクリエイターによる合同展です。乞うご期待!!

過去)5月展2016 ahat 春夏帽子展2016

Ahatdm2016_0002_2

*『ahat  spring summer collection 2016』は
   終了しております。
 今年もたくさんのご来場ありがとうございました!
 次は秋に秋冬帽子展です!お楽しみに

fbomh gallery 5月の展示:

   ahat
 
  spring summer collection 2016

 2016年5月13日(金)~5月17日(火)
       10:00-18:00

 フボー奥ギャラリースペースにて


陽射しの強くなるこれからの季節に
ahatさんの帽子はいかがでしょうか?
 
展示会場ではahatさんの帽子かぶり放題!
是非いっぱい被ってお似合いの帽子に出会って下さい

ahatさんのブログ→  
 http://ahathat.exblog.jp/

また何か情報があればお伝えします
5月のfbomhgalleryもお楽しみに・・・